2018年11月21日

韓国ドラマ「鶏龍仙女伝」6話 あらすじ



20日に放送された『鶏龍仙女伝DVD』6話でチョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)はソン・オクナム(ムン・チェウォン、コ・ドゥシム)に会いに行き、お弁当デートを楽しんだ。ますます彼女に心を開いて少しずつ近づこうとするチョン・イヒョンの姿が描かれた。ソン・オクナムを警戒していた過去とは異なり、和気あいあいとした雰囲気で一緒に蓮葉飯を食べていたチョ・イヒョンは自分も知らないうちにソン・オクナムを「仙女様」と呼び、ますます彼女と溶け込む姿を見せてお茶の間にときめきを届けた。

一方、ソン・オクナムに対する自分の気持ちを確信したキム・グム(ソ・ジフン)はソン・オクナムとショッピングに出かけた。一緒に服を選んでいる途中、ふとソン・オクナムの横顔を見て前生かもしれない遥か昔のことを思い出した。これまで過去の回想の中、チョン・イヒョンの姿で現れた木こりがキム・グムとして登場し、妻のソン・オクナムとの切ないひとときが描かれた鶏龍仙女伝 あらすじ

これにキム・グムは自分も知らないうちにソン・オクナムに近付いてバックハグをし、お茶の間をトキメキでいっぱいにした。

ソン・オクナムに慎重に近づくチョ・イヒョンとは異なり、キム・グムはソン・オクナムに対しストレートにアッタクしており、本格的な対決を予告した韓国ドラマ 鶏龍仙女伝

このように謎だらけの2人の夫候補のチョン・イヒョンとキム・グムの前世、意外な展開の連続の予測不可能なロマンスがお茶の間を魅了している。果たして、ムン・チェウォンが探し求めている夫は誰なのだろうか。

 


この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t13923
上の画像に書かれている文字を入力して下さい