2018年04月03日

『軍艦島』リュ・スンワン監督、カン・ヘジョン代表

「各団体がスクリーン寡占に関する立場表明時、『映画 軍艦島 DVD(原題)』が迷惑をかけるかと思って脱退」

映画『軍艦島』を演出したリュ・スンワン監督と製作会社外柔内剛のカン・ヘジョン代表が、最近韓国映画監督組合など映画界の各種協会を脱退した。

8日、映画界によると夫婦である2人は最近韓国映画監督組合、映画製作者協会、韓国映画プロデューサー組合、タクシー運転手 DVD女性映画関係者会など2人が属したすべての協会に脱退意思を明らかにした。

その間各種団体を通じて誰より活発な活動をしてきた2人が所属団体を脱退したのは、最近『軍艦島』をめぐるスクリーン寡占騒動を意識したと見られる。

日本植民地時代に軍艦島に強制徴用された朝鮮人の脱出を描いた『軍艦島 DVD』は、CJ E&Mが配給を引き受けて7月26日に歴代最多である2000を超えるスクリーンで公開された。

そのため、公開するやいなや“スクリーン寡占騒動”に包まれた。ミッドナイトランナー DVD特にリュ監督がその間スクリーン寡占に着実に批判的な声を出してきたので、リュ監督に向かった世間の批判はより一層激しかった。


Posted by dvdnetoff@gmail.com at 15:49│Comments(0)TrackBack(0)映画

この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t13491
上の画像に書かれている文字を入力して下さい