2018年02月01日

『シグナル/時空を超えた捜査線』スタート(全13話)

名作映画『オーロラの彼方へ』('00)のテレビドラマ版で、シグナル/時空を超えた捜査線 DVD全米CWテレビジョンネットワークで2016年10月~今年1月に放送されたノンストップSFサスペンスが早くもWOWOWに登場!

原作映画は父親と息子が30年の時を超えて無線機を通じて交流するSFファンタジーだが、テレビドラマ版は主人公の性別を男性から女性に、父親の職業を消防士から刑事に変更し、サスペンス要素が増した内容に。20年前の過去を変えることで、目撃者 DVD現在に意外な波紋が広がり続けるという、予測不可能かつスリリングな物語が展開。1996年に生きる父と2016年に生きる娘は無線機を使って連携し、看護師ばかりを狙う連続殺人鬼"ナイチンゲール・キラー"の捜査に当たる。

製作総指揮に映画版の脚本家トビー・エメリッヒ、主人公で刑事のレイミー役に『MAD MEN マッドメン』など多数のドラマで活躍してきた美人女優ペイトン・リスト。

2016年10月21日、ニューヨーク。28歳の誕生日を迎えた刑事レイミーは、シグナル/時空を超えた捜査線 DVD落雷の影響で突然動きだした古いアマチュア無線機から、20年前の10月23日に亡くなった父フランクの声を聞く。レイミーと同じく刑事だったフランクは潜入捜査のため家族と疎遠になっていたが、犯罪組織に寝返った末、暗殺されたと信じられていた。

時空を超えて1996年のフランクと交信できるようになったレイミーは、父が潜入捜査中に殺害されたという事実を伝え、彼の命を救うことに成功する。イレブンス・アワー FBI科学捜査ファイル DVDだが予期せぬ事態が起きる。歴史を変えてしまった影響で、母ジュリーが連続殺人鬼"ナイチンゲール・キラー"の餌食となっていたのだ。ジュリーが殺害される1997年1月までに、レイミーとフランクは犯行を阻止せねばならないが...。


この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t13406
上の画像に書かれている文字を入力して下さい