2017年12月25日

映画『犯罪都市』青龍賞候補に歓呼「おめでとうございます」

俳優ユン・ゲサンが、映画『犯罪都市 DVD(原題)』のカン・ユンソン監督と俳優チン・ソンギュが、「第38回青龍映画賞」の候補に選ばれたことに対して「涙が出る」と、お祝いのあいさつを伝えた。

ユン・ゲサンは6日、自身のインスタグラムに「私たちの監督様…。私たちのソンギュ兄さん…。青龍映画祭! 新人監督賞候補! 男優助演賞候補! おめでとうございます! 涙が出る、本当に!」というコメントを載せた。

また「前もって花道だけ歩かなければならない方々、VIP DVD今になってでもわかってくださってありがとうございます。本当にこれから“金花道”だけ歩いてください」とハッシュタグを付け加えて喜びを表わした。

カン・ユンソン監督とチン・ソンギュはそれぞれこの日発表された青龍映画賞候補者・候補作リストに『犯罪都市 DVD』で新人監督賞、男優助演賞候補で名前をあげた。『犯罪都市』は今回の青龍映画賞で編集賞、技術賞にも候補作で名前をあげて合計4つの部門にノミネートされた。

一方、映画『犯罪都市』が今年韓国映画興行順位3位を目前にしている。『犯罪都市』は5日(日)まで累積観客数636万9026人を動員して、617万観客を動員した『アジョシ』の記録を破って歴代R19指定韓国映画の興行順位3位に登板した。軍艦島 DVD今年、韓国映画興行3位の『軍艦島(原題)』より高い興行収益を記録、それこそ韓国映画歴史に再びない興行歴史を書いている。


Posted by dvdnetoff@gmail.com at 15:34│Comments(0)TrackBack(0)映画

この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t13260
上の画像に書かれている文字を入力して下さい