2017年12月19日

「推理の女王」6話 手錠の代わりに花を持った本当の理由

KBS2水木ドラマ『推理の女王 DVD』は、ハ・ワンスン(クォン・サンウ扮)がユ・ソルオク(チェ・ガンヒ扮)をチャン・ドジャン(ヤン・イクジュン扮)事件の証人として立てるために花を持って探し回る場面が描かれた。

ハ・ワンスンはユ・ソルオクの夫であるキム・ホチョル(ユン・ヒソク扮)検事がチャン・ドジャンの麻薬事件を引き受けたという事実を知って激しく怒った。チャン・ドジャンを単純窃盗として疑いを縮小しようとするハ&チョン法律事務所の状況が確認されたためだ。キム・ホチョルはハ&チョンの奨学生出身だ。

耳打ち DVDこれにハ・ワンスンは「臭う」と麻薬専門警察らしい動物的感覚を誇った。

続いてハ・ワンスンはチャン・ドジャンの犯罪を目撃した証人としてユ・ソルオクを思い出した。さらに、女性にお願いするときは花が通じるというイ・ドンギ(キム・ミンジェ扮)警察官のアドバイスを聞いたハ・ワンスンが花を買う姿が描かれた。

推理の女王 DVD


ところが、花を持っているハ・ワンスンが暴漢に拉致されて、どこかに連れて行かれて危機感が高まった。推理の女王 DVD覆面を脱ぐとハ・ワンスンの前にはドレスを着たチョン・ジウォン(シン・ヒョンビン扮)が立っていた。続いて、父ハ・ジェホ(チャン・グァン扮)が現れ、婚約の準備が行われた。

一方、ユ・ソルオクはこれ以上警察の捜査に関与しないことにして、平凡な主婦の日常に戻った。しかし、ユ・ソルオクは義理妹キム・ホスン(チョン・スジン扮)が高価な切手など家の中の貴重品を持って家出した情況を見て、再び推理に熱を上げた。カノジョは嘘を愛しすぎてる DVDちょうど婚約の場から脱出したハ・ワンスンはユ・ソルオクと再会、ソルオクを助けた。

ハ・ワンスンの助けを借りて仁川空港まで行ったユ・ソルオクはキム・ホスンの痕跡を見つけるためあらゆるにおいを嗅いで回り、最終的に失踪届けを出した。ユ・ソルオクは空港の監視カメラを見て「拉致される。早く見つけないと危険だ」と叫んで、今後の展開に対する関心を高めた。


この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t13240
上の画像に書かれている文字を入力して下さい