2017年02月22日

「被告人」10話予オム・ギジュン

SBS月火ドラマ『被告人 DVD』の制作陣側は去る8日、全羅南道長興の刑務所で行われたチソンとオム・ギジュンの撮影現場の様子を公開した。

公開された写真は、より熱く、残酷になるパク・ジョンウ(チソン扮)とチャ・ミンホ(オム・ギジュン扮)の血闘が開始される刑務所の屋上対峙シーンだ。これは3話でジョンウがすべての証拠を確保した後、ミンホを訪ねいって屋上で対峙したシーンと妙に似ており、より一層注目を集める。

違う点があるとすれば、ASTROのTO BE CONTINUED DVD指紋をなくすために自分の手を自害したミンホのかわりに、ジョンウの手が血だらけになっているという部分と、ジョンウの前にひざまずくミンホの切実な態度だ。

被告人 DVD


しかし、次の写真では2人の男の表情が180度逆転しており、その背景に関心が集中している。ミンホは終始冷笑しているのに対し、ジョンウは涙目と苦しい心情を表わしている。予測不可能な方向に流れていく2人の男の葛藤は、ジェットコースターのような壮大な劇的緊張感を加える予定だ。

撮影当時、花郎 DVDチソンとオム・ギジュンは久しぶりに正面対決を行い、陽気な表情で綿密な事前リハーサルを行った。チソンはオム・ギジュンに向かって怪我をした左手をいたずらに広げて見せ、オム・ギジュンは「ミンホは両手だが、ジョンウは片手だけを負傷した」と少し悔しい(?)心境を吐露して、現場の笑いを誘った。

しかし、カメラの前に立つとやはり違った。被告人 DVDオム・ギジュンは熟した悪役演技でチソンを絶えず挑発し、チソンは撮影中に目頭を赤くするほど、劇中の状況に没頭して、すさまじい演技をした。突然の寒波と吹雪に俳優たちはもちろん、スタッフ全員が二重苦を経験したが、そのぶんだけ完璧なシーンが作られたという裏話だ。


タグ :被告人 DVD

この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t11476
上の画像に書かれている文字を入力して下さい