2017年02月07日

「鬼」コン・ユ、イ・ドンウクの首をつかみ怒りを露わに

tvN金土ドラマ「鬼 OST」では、親しい親友ではなく過去の敵として再会する死神(イ・ドンウク) とキム・シン(コン・ユ) の姿が描かれた。

死神がキム・シンの敵である王だったことが明らかになり、900年前のその状況が繰り返された。ただ、二人の立場は逆転していた。

キム・シンは死神の首を絞め、「俺の目を隠していたのが900年の歳月なのか神の憎しみなのか、お前が近くにいたのに気付かなかった。青い海の伝説 OSTお前が王だったんだな」と憤った。

鬼 OST


死神は「結局、俺が彼だったのか」と言い、涙を流した。キム・シンは「俺は生々しい地獄の1分1秒を覚えているのに、お前は記憶がなくて楽だろうな」と皮肉った。

4年ぶりのドラマ出演となるコン・ユと、わびしく燦爛な神鬼 OST日本でも高い人気を誇るイ・ドンウクが繰り広げるクスッと笑えて女心をくすぐる絶妙なブロマンス、人気急上昇中のボーイスグループBTOBのソンジェにも注目! さらに「太陽の末裔」を手掛けたヒットメーカーキム・ウンスクとイ・ウンボクが手掛けるなど、スタッフ、キャストの豪華さにおいても話題を集めている本作。新鮮で斬新なストーリーと個性的なキャラクター、力道妖精キム・ボクジュ OSTまるで映画のような映像と音楽の美しさで、ケーブルドラマにも関わらず15%の視聴率を記録した2017年最高の話題作! ぜひ大画面で観覧を。


この記事へのトラックバックURL

http://dvdtv.fukuokablog.jp/t11362
上の画像に書かれている文字を入力して下さい