2018年01月17日

ソン・ジュンギ「『軍艦島』への批判に胸を痛めたが

彼は映画の興行と批評の結果に心を痛めたりもしたが、そんな時こそより客観的に自己反省を先にすべきだと考えたと話し、もう少し上手にできていれば、より多くの観客に映画のメッセージをしっかりと伝えて認めれれていたのではないかという物足りなさもあると明かした。しかし、先輩たちと親密にやり取りして、『軍艦島 DVD』のために過ごした時間は成長の時間だったと確信していると付け加えた。

一方、今後どのようなフィルモグラフィーを積み上げたいかというエディターの質問には後悔のない作品に出演したいし、機会があれば他の文化圏の現場も経験してみたいという抱負を明らかにした。リアル DVDまた、釜山国際映画祭が今後も素敵に前進していってほしいという願いも伝えた。

一方、インタビューと一緒に進行された写真撮影にも彼は毎カット真剣に取り組み、軍艦島 DVDスタッフへの配慮に加えてソフトなカリスマで現場の雰囲気をリードしたという裏話だ。

現在、人生において非常に幸せな地点に立っているソン・ジュンギ。朴烈 DVDさらに多くの写真とインタビューの全文は『marie claire BIFF Special』とmarie claireのウェブサイトで確認できる。『marie claire BIFF Special』は今年の釜山国際映画祭の期間中、公式配布先で配布され、『marie claire』10月号の別冊に収録される予定だ。  
タグ :軍艦島 DVD

Posted by dvdnetoff@gmail.com at 14:56Comments(0)TrackBack(0)映画