2016年10月21日

「シグナル」イ・ジェフン生存するもチョジヌンは失踪したまま

tvN金土ドラマ『シグナル DVD』16話にてチョ・ジヌンの生存によりすべてが変わった。

銃により死を迎えたと思われていたパク・ヘヨン(イ・ジェフン扮)は自身の家で目を覚ました。過去のイ・ジェハン(チョ・ジヌン扮)が生存したことで、すべてのことが変わったのだった。

パク・ヘヨンはイ・ジェハンの父親を訪ねるが、韓国ドラマ シグナル DVD父親は「息子が失踪して15年経つ」と話してパク・ヘヨンは困惑した。

シグナル DVD


その後パク・ヘヨンはチャ・スヒョン(キム・ヘス扮)を訪ねて警察署に向かうが、そこにいた誰もがパク・ヘヨンの存在そのものを知らない状態だった。

イ・ジェハンはキム・ボムジュ(チャン・ヒョンソン扮)が隠したマフラーを探し出すために推理をした。イ・ジェハンはキム・ボムジュの机で見た薬局の袋を手掛かりに、シグナル DVDとあるサービスエリアにそれを捨てたものと予測した。

イ・ジェハンはごみ置き場でマフラーを探し出し、海外に鑑識を要請し犯人がキム・ボムジュであることを証明した。  

Posted by dvdnetoff@gmail.com at 10:59Comments(0)TrackBack(0)韓国ドラマ

2016年10月13日

「応答せよ1988」パク・ボゴム、女として好き”と告白

tvN金土ドラマ「応答せよ1988 DVD」第10話「MEMORY」では、テク(パク・ボゴム)をいじめるドクソン(ヘリ)に怒る友人の姿が描かれた。

しかし、テクは自身をいじめるドクソンにも明るく微笑んだ。テクは「お前、ドクソンのことが好きだろう?お似合いだね」という言葉に何も言わなかった。

応答せよ1988 DVD


その時、友人は「ドクソン、あなたもテクみたいな人が似合うよ」とドクソンとテクをからかった。

ドクソンが席を外すと友人はテクに「本当にドクソンのことをどう思っているのか。応答せよ1988 あらすじ悪くないだろう?」と聞いた。

テクは「僕は好き。友人としてじゃなく、女として」と話し、ドクソンが好きなジョンファン(リュ・ジュンヨル)は衝撃を受けた。  

Posted by dvdnetoff@gmail.com at 11:41Comments(0)TrackBack(0)韓国ドラマ

2016年10月09日

『夜を歩く士』息を殺して見入った「すごすぎる演技」

MBC水木ドラマ『夜を歩く士 DVD』(脚本チャン・ヒョンジュ、演出イ・ソンジュン以下夜紳士) 14話でキム・ソンヨル(イ・ジュンギ)が着ていた黒い上着を奪われて次第に力を失われる姿が描かれた。イ・ジュンギがソンヨルの残念な状況を現実的に表現して視聴者に面白味を高めた。

この日、ソンヨルはヴァンパイアになったノ・ハギョン(ヨ・イジュ)とて上着の一部が破けた。ハギョンを探して偶然にこれを発見したキ(イ・スヒョク)はその上着を着れば真昼にも何の問題もなく外に歩き回ることができるということを知った。 これは師匠ヘソ(ヤン・イクジュン)がソンヨルに譲った物で、先立ってキの攻撃を受けて死んだソンヨルが昼間でも出歩けるし、120年の間、キの目につかないようにするために黒い上着を譲り渡した。ソンヨルは今までこの上着を着て安全を守れたがキの計略で死の危険に置かれた。

キの腹心であるチェ・ヘリョン(キム・ソウン)は気を失って倒れたソヨルの隙を狙ってあたかも過去の許嫁であったイ・ミョンヒ(キム・ソウン)であるように演技をした。アッセンブリー DVDヘリョンがソンヨルのそばに近付いた時、すでに混迷状態に陥ったソンッヨルはヘリョンとミョンヒを区分できなかったし、結局ヘリョンは黒い上着を盗むのに成功した。彼女は目的を達成しながらもソンヨルの状況に悲しみを隠すことができない目つきを見せた。

www.yukiset.comclass=


上着を失ったソンヨルは日光が照りつけると体が燃え上がるような苦痛を感じることになった。上着を失ったうえに長時間吸血できてないために道に倒れるほど力が弱くなった。ソンヨルは人間を害したくなかったので、わざと吸血をしなかった。人を殺す悪鬼とは違った守護鬼だからだ。

腹心ホジン(チェ・テファン)の助けで動物の血を飲めたが、この姿をチョ・ヤンソン(イ・ユビ)に見付かってしまった。 ソンヨルは恥かしさにヤンソンのそばを離れたし、彼女はソンヨルの存在に悩みながら涙を流した。 韓国ドラマ夜を歩く士 DVDイ・ユン(シム・チャンミン)はヤンソンに幼い時共に育ったソジンという事実を明らかにして「君をキの犠牲にすればこの世の中を救うことができる」と話して、ヤンソンをキの前に連れていこうとした。だがソンヨルがヤンソンを守るためにこれに対抗した。

時代劇、不敗神話を書いてきたイ・ジュンギはキム・ソンヨルと高いシンクロ率を誇り、特有の魅力で茶の間劇場をひきつけている。放送前から期待を高めただけあって、やはり期待を裏切らなかった。  

Posted by dvdnetoff@gmail.com at 15:56Comments(0)TrackBack(0)韓国ドラマ